メンテナンスしてますか?
いつまでもキレイに乗りたい愛車のために。

オールペイント

数々のショーカーをペイントしてきた職人がそのノウハウを活かして、
見えるところはきっちりキレイに、でも、見えないところは無駄な時間をかけずにツボを押さえた作業で、
良い仕上がりとお値打ち価格のバランスが好評です。
もちろん当店スタッフのクルマやレースカー達も、同じメニューでオールペンしていますよ!

最近の例では ”長年連れ添ったゴルフⅡにお疲れ様の気持ちをこめて、外装を同じ色でオールペイントしてリフレッシュしてあげたい” という内容がとても増えています。

外見が10年、15年前に若返るだけで、この先維持していくモチベーションもぐっと上がって、楽しくなりますよ~!!特殊な色替えの場合や、モール類を全部外して穴埋め塗装してほしい、エンジンを降ろして塗ってほしい等々、詳細オーダー有りの場合は、その都度お見積もりをさせてください。

大体の参考として、平均的なボディの状態のゴルフⅡで、432,000円~540,000円くらいにお考えいただければと思います。下地の仕上げも時間がかからずに済ませられるお車の場合は432,000円~、ほぼ全剥離が必要なお車で540,000円くらい、という目安でお考えいただければと思います。

また、保管状況により、サビ穴や腐食等が多く見られるお車の場合は、これまででもっとも高額になったケースでは1,260,000円という子もいました
(これはゴルフⅡではなくゴルフⅠでしたが・・・)。

サビが進めば進むほど、予算もかかるようになりますし、サビ処理して塗装した後のサビの再発の確立も上がってしまいますので、気になるサビがある場合はなるべくお早めに仕上げてしまうことをお勧めします。まずはお気軽にご相談くださいね!

※2018年5月1日追記 もう10年ほど全塗装の価格を改定せずにやってきましたが、原材料の高騰や年式が古くなって下地処理や剥離に作業時間がかかるようになってきたことから、本日以降の受注分より順次価格を改定させていただきます。
(すでにお話をいただいているかたは、もちろん旧価格でやらせていただきます)
これまでは、「下地に時間がかからなければ324,000円から」という表記をしていましたが、この数年下地に時間がかからずに済むクルマも皆無で、この価格表記も実情に合わなくなってしまいました。

なので、実質的な価格はほとんど変わらないことが多いですが、事前に目安にしていただく予算感をもう少し上げておいていただこう、というのが実際のところです。 そのかわり、といってはなんですが、どの車も下地に時間がかかるのは変わらなくなってきたたため、同色全塗装と色替え全塗装で作業時間も変わらないので、「色替え全塗装は54,000円UP」は廃止して、同色でも色替えでも同じ価格で全塗装いたします!

板金塗装など

もちろん、ちょっとぶつけちゃった等の小さい板金塗装から、保険を使った事故修理まで、 どんなことでもお気軽にご相談ください!

オールペイントのときには、外装のモール類やラバー類をたくさん取り外しますので、そのついでに新品やきれいな中古に交換すると、工賃がかからないのでお得にできます♪ 最近は、ウェザーストリップ類やバンパー等で、生産が終了している部品も目立ってまいりました。今後長く乗っていきたいというかたの間では、部品が手に入るうちに新品にするのがひそかに流行中です。(あまり大きな声で流行らせてしまうと、あっという間に部品が枯渇するので、みなさんあんまり大きな声では言いませんね(笑)) 廃番系の部品でどうしても見つからない、というものがあるかたはご相談ください。いろいろルートはあるので、うちでも手を尽くして探してみます!

事故のやられ損にご注意!

常連某氏のGTIが、駐車中にタクシーにぶつけられて足回り大破! 最近の保険屋さんは、セチガライです。 昔のように、修理代がすんなり出ることはまずありません。特に旧車に関しては、「新車価格の10%までしか保証しない」の一点張りになることもしばしば。判例が出ているので、なかなかそれを出されると厳しいです。(この辺のお話は、話し始めると長くなるのでまた今度)

今回の事故も、まともに修理する話には全然ならなくて、とにかく全損扱いと。でも、もうそろそろ24万キロになろうかという絶好調なGTIを、そう簡単に廃車みたいなこと言われたくないし、オーナーさんの愛情を足蹴にするようなまねはできません。

これから、中古パーツを駆使し、いろんな修理方法を考えながら、トータルで安く修理できて、なんとか全損扱いの補償金額の中でおさまるようにしつつ、保険屋さんには、他のいろんな手をつくして、事故全体での補償金額をアップしてもらえるような交渉をします。争いごとは好きじゃないので、保険屋さんにも、快く出してもらえるような提案をしつつ、オーナーさんの心労の低減も目指します。最終的には、きっと、うまくいきます。

みなさんも、万が一の事故の時は、何かあってもまずは僕までご連絡ください。 手だてはいろいろ考えます。 他の店でどうにもならなくても、対保険屋さんの場合、幸いにして、うちが日本唯一のゴルフⅡ専門店なのはある程度認知されているので、うちならなんとかなる、というケースもあります。

任意保険も、うちで保険に入っていただいているお客様の場合は、うちがいろいろ口出しできる範囲も広くなるので、さらにやりやすいです。 ゴルフⅡライフの最後が幸せじゃない思い出で終わってしまっては、スピニングガレージの存在意義にかかわると、僕らは思っています。なので、事故修理のノウハウと技術と気合と根性も、充実させていきたいです。

もちろん、事故はないのがベストです。もらってしまう事故は仕方ないですが、そうはいっても、事故は起こさないように、もらわないように、いつも気をつけて、安全運転でいきましょう!

HOTLINE

ピット直通電話
出られないときもあります

モバイル
ナカニシ、ヒシカワ
コバヤシ、コイソ