車の匠 No.215

 

車の匠」というサイトでご紹介いただきました。なんだかちょっと気恥ずかしい感じですが・・・。

CARTOP MOOK 「極上お値打ち名車」

 

 

 

 

 

新創刊のムック本、「極上お値打ち名車」に取材いただきました。なんとぶち抜き4ページ!

巻頭からはじめのほうは、普通にお手頃な中古の外車が出てるだけかしら、と思わせつつ、うちの記事のあたりから後半になるとぐぐっと面白く変態的になっていきます。やっぱりクルマは20世紀ですね!

 

あ。ちなみにうちの記事のすぐ後に、マイフェイバリットクルマカメラマン、ヤマモトケイゴ氏が載っております。だから一気に変態臭が出てくるのかな~(笑)。

VW MAGAZINE2017

 

今年もこの時期に刊行!フォルクスワーゲンマガジンです。意外と本屋さんで見ることがないなぁと思ったら、全国のディーラーさんに置かれていたりするんですね!

 

それなら、ということで今回当店は、「国内では廃番になっている部品も取り揃えております。業販で部品を他のお店やディーラーさんにも卸してます!」っていうのをアピールして、部品が入らないから修理できないよ、というディーラーさんも、まだまだゴルフ2を整備してもらえるように、また、普段この手の本を読まないゴルフ2乗りの人が、こういう店から部品を取り寄せてもらえば、今出しているディーラーさんでもまだまだ整備を頼めるんだ、って思ってもらえるように、意識して取材してもらいました(^^)  ちょっと変化球。

 

最近ゴルフ2の車種全体での注目度が上がっているので、だからこそ今の時期は特に、「一台でも多くのゴルフ2を残していくためにどうするか」を考えながらいろんなところに出て行かなきゃ、って思っています。

変にブームになったり流行ったりすると、その後で必ずクルマが捨てられてしまうので、そうはならないようにしたいです。

 

 

そしてデモカーのコーナーは、相変わらず当店は店としてのデモカーは作らない主義なので、寺田さんのを出してみました。いつか出してみたかった、このありそうでない独創的なスタイル!

ゴルフ2の新車当時から現在までのシーンの歴史のすべての要素を呑み込みつつ寺田流の解釈と味付けで、流行りに流されず、でもこれまでのトレンド全てにリスペクトを忘れず、そしてまだまだやりたいこともあって・・・、ステキだなぁと思うんですが、これは彼の人間的な魅力ゆえなのかなぁとも思います。長い時間をかけて熟成しないと、人もクルマもこういう風には仕上がっていかないんだろうなー。

Car Magazine no.472

 

AutomobileCouncilの様子が記事になっていますが・・・、その中で当店持参のファイア&アイスが、編集部前田さんのイチオシ!として紹介されてます!!

 

前田さん、いつかゴルフ2のGTIを買いに来てください(笑)。お待ちしてまーす!!

フォルクスワーゲン・ライフスタイル・ブック Vol.2

 

 

 

 

 

写真集のように楽しめるクオリティは他の雑誌にはない魅力!クルマ雑誌が面白くなくなってるなーと感じている僕みたいな人には刺さると思います(笑)。

前号も即完売してしまって、amazonなんかで古本が5000円くらいの値がついてるのも、わかる気がします。

 

当店が車両協力でカントリーを出させていただいたほかに、おなじみスチャダラのMCボーズさんと、段ボールアーティスト島津さん、すし屋の清水さんと濃い人々が登場しています。

僕もいつか、この本に個人的に出たいなぁ。

雑誌、CM、映画、TV等々のメディア制作に携わっているかたへ

シンプルなデザイン、誰にでもわかりやすい「クルマ」としての普遍的なカタチ、現代の車が失ってしまった80年代のクルマ作りの良さの典型・・・etc、今でも魅力が色あせないゴルフⅡは、いろいろなメディアで目にしますね。 当店は車雑誌のみならず、映画やTV、広告写真の背景等々、さまざまな形で貸し出しをさせていただいております。 こういう内容の作品にこういうイメージで使いたい、等のざっくりとしたオーダーから、右ハンでキレイな赤の4灯AT車を出してくれ!等の詳細オーダーまで、どんなことでもできる限り対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。 100台以上ある当店の在庫車両の中でイメージに合うものがなくても、内容によっては当店のお客様の車をお借りしてくることも可能です。 もちろん、劇用車両調達の業者さんからのお問合せも大歓迎です! それともし、作品に当店の名前をクレジットで入れさせていただけそうなら、激サービスさせていただきます。 さらに、僕らが好きな分野だったり、好きな人の作品だったりしたら、もっともっとサービスありかもしれません(笑) よろしくお願いします!

映像制作、芸術家のタマゴさんたちへ

当店のまわりには、いろいろな大学、専門学校があります。 旧店舗の近所には美大もいくつかあり、当店のお客様もそこの学生さんや卒業生さんが多数いらっしゃいます。 夢に向かってがんばっている人を日常的に見ていると、そんな人のために、自分たちに何かできることはないだろうか、と考えまして・・・。 もし、当店のゴルフⅡや部品、廃材等で何かを制作したい、というイメージがわいたら、何でも相談してください。原状復帰ができない場合以外は、車両は無料レンタルいたします。部品や廃材は、当店でどうしても必要なもの以外は差し上げることもできます。 また当店の中やストックヤード等でロケしたい、なんていうのもOKです。 あなたの夢のお手伝いを、少しでも! こんなお願い無理かな~、と悩む前に、お気軽にご相談くださいね!

HOTLINE

ピット直通電話
出られないときもあります

モバイル
ナカニシ、ヒシカワ
コバヤシ、コイソ